父の日に想いを託したギフトを贈りたい。物語のあるウイスキー3選

芳しき“命の水”、ウイスキーの嗜みVol.1

父の日にウイスキーを贈りたいけれど、どれを選んで良いか分からない─そう思っている方も多いのではないだろうか。6月16日の父の日に向けて、ウイスキーの王道であるスコッチウイスキー、90年代の憧れのお酒・バーボンウイスキー、そして、今、大注目のジャパニーズウイスキーから、それぞれ1本ずつご紹介する。ウイスキーは時が育むお酒。悠久の時を経たウイスキーが、きっと、親子の、家族の絆を深めてくれるはずだ──。

LIFESTYLE Jun 7,2024
父の日に想いを託したギフトを贈りたい。物語のあるウイスキー3選

ゴルフ好きな方へ…ウイスキーの王道スコッチウイスキー『ロッホローモンド全英オープンゴルフ2024 スペシャルエディション』

「ロッホローモンド全英オープンゴルフ2024 スペシャルエディション」 700ml アルコール度数46% 希望小売価格11,000円(株式会社 都光)

自分の好みを考えて選んでくれたんだな…と感じるギフトは、もらうと嬉しいもの。ゴルフ好きな方へは、全英オープンゴルフ唯一の公式ウイスキーでもある『ロッホローモンド』から、マスターブレンダーのマイケル・ヘンリー氏とロッホローモンドのウイスキーアンバサダーを務めるコリン・モンゴメリー氏が、2024年の全英オープンゴルフを記念して共同で造った『ロッホローモンド 全英オープンゴルフ2024 スペシャルエディション』がおすすめだ。

マイケル・ヘンリー氏は、著名なウイスキー生産者を数多く輩出する名門ヘリオットワット大学出身。ヘリオットワット大学へは、日本の大手ウイスキーメーカーも何人も留学生をおくっている。

コリン・モンゴメリー氏は、ゴルフ好きな方なら知らない人はいないスター選手。1993年から1999年まで7年連続でヨーロピアンツアーの賞金ランキング1位という偉大な記録をもち、2013年に世界ゴルフ殿堂にも選出されている。そして、ロッホローモンド蒸留所近郊のスコットランド・グラスゴー出身というルーツもある。

2024年の限定品は、一度、熟成したウイスキーを、フランス産シャルドネワインを払い出した樽に詰め、更に8ヶ月の熟成を行っている。これは、蒸留所内に自社製樽工場を持つ、ロッホローモンド蒸留所の強みを活かした製法といえよう。現在、スコットランドでは150弱の蒸留所が稼働しているが、製樽工場を持つのは4カ所のみ。自社で樽を補修できる技術があるからこそ、様々な種類の樽を用い、最適な状態で熟成することが可能になるのだ。

ロッホローモンドのフレーバーの特徴は、フルーツ、ハチミツのような甘み、ソフトスモーク。そこから、シャルドネワイン樽で綺麗にドレスアップしたウイスキーは、レモンのような柑橘系の香りをまとい、初夏に飲むのにピッタリだ。味わいはフレッシュな桃、洋梨、花のハチミツを感じさせ、トロりとしたテクスチャーも相まって、まるで果樹園にいるかのよう。余韻にはシナモンのスパイスとソフトスモークが続く。

『THE OPEN』と『LOCH LOMOND』のロゴが入ったグラスが2脚セットになった限定品。今年も7月に開かれる全英オープンゴルフでは、中継を見ながら、一緒にグラスを傾けてみてはいかがだろうか。

90年代の憧れのバーボンウイスキーが復活! 『ワイルドターキー 12年』

「ワイルドターキー 12年」 700ml アルコール度数50.5% 希望小売価格9,020円(CAMPARI JAPAN 株式会社)

1990年代、ハリウッド映画や日本のテレビドラマで俳優たちがバーボンを飲む姿に憧れていた方も多いのではないだろうか。そんな1990年代に“いつかは飲みたい憧れのお酒”の代表銘柄でもあった『ワイルドターキー 12年』が、2022年、約10年ぶりに復活した。

ワイルドターキーは、アメリカのケンタッキー州で1869年に始まった蒸留所をルーツに持つ。1954年には、3代目のマスター・ディスティラーとなるジミー・ラッセルが入社。ジミーは蒸留所の床磨きからキャリアをスタートし、2000年にケンタッキー・バーボンの初代殿堂入りを果たした。

1981年には、父・ジミーの真摯なウイスキー造りに薫陶を受けたエディー・ラッセルが入社。父と同じく下働きから経験を積み、2010年にケンタッキー・バーボンの殿堂入り、2015年に4代目マスター・ディスティラーに就任した。親子でバーボンウイスキーのマスター・ディスティラーを現役で務めるのは、ワイルドターキーだけである。

ラッセル親子は、味の好みは異なるものの、品質においては妥協を許さないという共通の信念で、ワイルドターキーのハウススタイルを守り続けてきた。『ワイルドターキー 12年』は、そんな親子2代のマスター・ディスティラーによって、蘇ったのである。

ケンタッキー州のローレンスバーグの丘の上に建つ熟成庫は、年間の寒暖の差が30度を超えるため、樽の木材が伸縮し、ウイスキーの熟成が急激に進む。10年経つと、樽の中のウイスキーは半分以下になっているという。12年の熟成を経た『ワイルドターキー 12年』が、いかに貴重なウイスキーかがお分かり頂けるだろう。

ギフトボックスは、熟成樽がモチーフ。内側は熟成樽内部の凹凸を模しており、木材の手触りを楽しめる。樽の内側をアリゲーターの表皮のように凹凸ができるまで強く焦がし、蒸留したてのアルコールを詰めて熟成することによって、ワイルドターキーの特徴であるバニラとキャラメルの香りが引き出されるのである。

アルコール度数は、ワイルドターキーこだわりの101プルーフ(日本表記では50.5%)。ボトリング時の加水を最小限に留めているため、ワイルドターキー特有の濃厚なフレーバーを味わえる。ロックでゆっくりと飲んでもヘタれず、シトラスやハーブから、スパイシーさやキャラメルキャンディのような甘い余韻まで、味の展開が楽しめる。

普段よりも少し贅沢なウイスキー。バーボン好きな方なら、きっと喜んでくれるだろう。

父と子が奏でるハーモニー『イチローズモルトダブルディスティラリーズ』

「イチローズモルトダブルディスティラリーズ」 700ml アルコール度数46% 希望小売価格8,800円(株式会社 ベンチャーウイスキー)

ここ数年、世界中から注目されているジャパニーズウイスキーにも、父と子の結晶と謂えるボトルがある。ベンチャーウイスキーが発売する『イチローズモルト ダブルディスティラリーズ』だ。ミズナラの葉をモチーフにしたラベルが印象的で、通称“リーフシリーズ”と呼ばれる3部作のうちの1つである。緑・金・赤、葉をモチーフにしたラベルが3色並んでいる様子を、バーで見たことのある方も多いのではないだろうか。

“ダブルディスティラリーズ”と謳っているように、このボトルは、ベンチャーウイスキーの社長を務める肥土伊知郎氏が2008年に稼働させた“秩父蒸溜所”と、肥土氏の父が1983年に稼働させ2000年に惜しまれつつも閉鎖した“羽生蒸溜所”、2つの蒸留所のウイスキーをブレンドして造られている。

2000年前後、ウイスキーは冬の時代といわれ、国内の出荷量はピーク時である1983年の1/3ほどに落ち込んでいた。羽生蒸溜所も業績の悪化から会社を事業譲渡することになり、譲渡先の方針で400樽ほどあった熟成中の樽も廃棄することに。中には、20年近く熟成されたウイスキーもあり、保管先を探して肥土氏は奔走。福島県の笹の川酒造が、保管を快諾してくれたのだった。

こうして救われたウイスキーを発売するため、2004年にベンチャーウイスキーを創業。父のウイスキーをリリースするだけでなく、自らもウイスキーを造り、未來に引き継ぎたいとの想いで、2008年2月、秩父蒸溜所を稼働させた。日本でのウイスキーの蒸留免許の交付は、実に35年ぶり。幾多もの困難を、肥土氏の信念と、応援してくれる仲間たちの協力で乗り越えてのことだった。

そうして稼働した秩父蒸溜所のウイスキーと、父がのこした羽生蒸溜所のウイスキーをブレンドして生まれたのが『イチローズモルト ダブルディスティラリーズ』。発売から10年以上経ち、秩父蒸溜所と羽生蒸溜所のブレンド比率は逆転したという。それでも、変わらぬ美味しさがあると、世界中のウイスキー愛好家から熱狂的な支持を集めるボトルだ。父のレガシーを、肥土氏は見事に昇華したといえよう。

少しづつ加水して飲むと、熟成を重ねた秩父蒸溜所特有の桃や蜂蜜のようなフレーバーと、羽生蒸溜所ならではの重みのある甘さが感じ取れるだろう。2つの蒸留所のフレーバーがほどけていくさまは、まるで、どんな親子にもあるわだかまりが解けていくようだ。


Heiando Bar(平安堂Bar)

東京都港区六本木4-10-5-2F
営業時間:月曜日~土曜日 17:00~25:00(最終入店は24:00)
定休日:日曜日・祝日
料金:チャージ 1,000円/1人、ウイスキー 1,500円~、カクテル 1,500円~(税・サ込)
03-6804-6388
https://www.heiando.com/sp/bar.htm

 

お問い合わせ先
株式会社 都光
03-3833-3541
https://www.toko-t.co.jp/
CAMPARI JAPAN 株式会社
0120-337500
https://camparijapan.com/
株式会社 ベンチャーウイスキー
0494-62-4601

●掲載商品の価格はすべて、税込み価格です。

SHARE

AdvancedClub 会員登録ご案内

『AdvancedTime』は、自由でしなやかに生きるハイエンドな大人達におくる、スペシャルイシュー満載のメディア。

 

高感度なファッション、カルチャーに好奇心を持ち続け、今までの人生で積んだ経験、知見を余裕をもって楽しみながら、さらなる幅広い教養を求め、進化するソーシャルに寄り添いたい。

何かに縛られていた時間から解き放たれつつある世代のライフスタイルを豊かに彩る『AdvancedTime』が発信する情報をさらに充実し、より速やかに、活用できる「AdvancedClub」会員組織を設けました。

 

「AdvancedClub」会員に登録すると、プレゼント応募情報の一覧、プレミアムな会員限定イベント、ブランドのエクスクルーシブアイテムの紹介など、特別なコンテンツ情報をメールマガジンでお届け致します。更に『AdvancedTime』のタブロイドマガジンのご案内もあり、送付手数料のみをご負担いただくことでお手元で『AdvancedTime』をお楽しみいただけます。

登録は無料です。

 

一緒に『AdvancedTime』を楽しみましょう!