ポールウェラーという生き方

紆余曲折がつくった、最高の格好よさ

ミュージシャン
ポール・ウェラー

AdvancedTimeでは、毎号生き方にスタイルのある著名人のインタビューを実施します。 様々な人生経験を積み、生き抜いてきたからこそ生まれる、透徹した言葉は見逃せません。

LIFESTYLE Nov 19,2021
ポールウェラーという生き方

今も第一線を走り続けるポール・ウェラーが語る

かつてこんなポール・ウェラーを想像できただろうか?

1977年にザ・ジャムで鮮烈なデビューを飾ってから40年以上が過ぎた。だが今も、ポール・ウェラーは世界各地でライブを行い、ステージに立ち続けている。

「若い頃は歳をとるなんて想像できなかったが、未だに俺はプレイを続けていて、音楽を愛していて、プレイすることを楽しんでる。音楽だけじゃない、人生も同じだ。輝いている瞬間があって、美しい女とカッコイイ服がある。それで最高じゃないか?」
そう語るポール・ウェラーは、神経質で尖っているように見えた若い時とは異なる、修羅場を潜り抜けた男の精悍さと自信に満ち溢れていた。

過去にはザ・スタイル・カウンシルのメンバーだったディー・C・リーとの離婚、バンドの消滅、レコード契約解消など不遇の時代もあった。1994年、『スタンリーロード』でソロとして全英1位となって返り咲くまで、かつてのスターが地元の小さなクラブを周るなど苦渋の経験もした。加えて、28歳年下の妻との間に設けた双子を含め、7人の子供の父親でもある。こうした人生の紆余曲折が今のポール・ウェラーをつくりあげたのだ。

音楽とファッションのスタイルはザ・ジャム、ザ・スタイル・カウンシル、現在のソロ活動と時代に合わせて変遷を続けているが、根底にあるものは同じ、音楽への情熱だ。

「ある程度の歳になると落ち着きたくなったり、自分が知ってる場所から出なくなり、外の世界を見なくなる男も多い。でも俺は外の世界に興味がある。常に音楽で新しいことに挑戦してみたい」

音楽、モッズ、ファッション。様々な人生経験を経ても、純粋な子供の頃の憧れを真摯に追求し、貪欲に人生を楽しむ。こんなポール・ウェラーの生き方に我々は今も魅了されている。

ポール・ウェラー氏の画像

初出:2019年01月01日発行『AdvancedTime』00号。掲載内容は原則的に初出時のものです。

SHARE

AdvancedClub 会員登録ご案内

『AdvancedTime』は、自由でしなやかに生きるハイエンドな大人達におくる、スペシャルイシュー満載のメディア。

 

高感度なファッション、カルチャーに好奇心を持ち続け、今までの人生で積んだ経験、知見を余裕をもって楽しみながら、さらなる幅広い教養を求め、進化するソーシャルに寄り添いたい。

何かに縛られていた時間から解き放たれつつある世代のライフスタイルを豊かに彩る『AdvancedTime』が発信する情報をさらに充実し、より速やかに、活用できる「AdvancedClub」会員組織を設けました。

 

「AdvancedClub」会員に登録すると、プレゼント応募情報の一覧、プレミアムな会員限定イベント、ブランドのエクスクルーシブアイテムの紹介など、特別なコンテンツ情報をメールマガジンでお届け致します。更に『AdvancedTime』のタブロイドマガジンのご案内もあり、送付手数料のみをご負担いただくことでお手元で『AdvancedTime』をお楽しみいただけます。

登録は無料です。

 

一緒に『AdvancedTime』を楽しみましょう!